知財関連コラム

(2022.08.07)ビジネスに役立つ商標  商標「数字の登録可能性」

商標審査基準によると数字のみからなる商標は3条1項5号に該当し、識別性が無いものとして商標登録できないことになっています。
>続きを読む

(2022.07.27)知財Q&Aコーナー(53)

Q:退職後に発明をした場合、権利は誰に帰属するのでしょうか? A:特許法には職務上行った発明について定めた規定があります(特許法35条)。
>続きを読む

(2022.07.17)特許実務雑感56

特許権侵害が成立するか否かは被疑者の行為が、「正当権原なき第三者が業として特許発明を実施」に該当するか否かで判断されます。
>続きを読む

(2022.07.07)ビジネスに役立つ商標  商標「ゴッホ」

A社は、「ゴッホ」の文字を、「紙類、文房具類」を指定商品として商標登録出願しました。
>続きを読む

(2022.06.27)知財Q&Aコーナー(52)

Q:先行技術調査をしたところ、「公表特許公報」というものが見つかりましたが、「公開特許公報」とは違うのでしょうか? A:国際特許出願(PCT出願)を行った際に、特許協力条約に基づいて国内公表がされますが、その外国語特許出願の内容を公表するための公報が「公表特許公報」です。
>続きを読む

(2022.06.17)特許実務雑感55

特許権の活用を考える場合、自ら実施する場合もありますが、より資本力・技術力・営業力のある第三者にライセンスして収益を得るビジネスモデルも考えられます。
>続きを読む

(2022.06.07)ビジネスに役立つ商標 コンセント制度

日本を除く世界各国ではコンセント制度を導入している国が多くあります。
>続きを読む

(2022.05.27)知財Q&Aコーナー(51)

Q:特許発明の実施許諾をした相手が、その特許権は無効だと主張してきたらどうすればよいでしょうか? A:実施許諾を受けた実施権者といえども、対象となる特許権に対して無効審判を請求する権利を有しています。
>続きを読む

(2022.05.07)特許実務雑感54

特許権が設定登録されると特許権が発生します。
>続きを読む

(2022.04.28)ビジネスに役立つ商標  他人か同一人かの判断

商標登録出願した後、審査の結果、他人の同一又は類似の先登録商標が存在する場合、商標法4条1項11号違反として拒絶されます。
>続きを読む

(2022.04.17)知財Q&Aコーナー(50)

Q:特許出願を行ったのですが、一旦取下げて、出し直すことは可能でしょうか? A:特許出願を行ったとしても、一旦取下げて、出し直すことは手続き上、可能です。
>続きを読む

(2022.04.07)特許実務雑感53

特許権の効力については、特許法第68条に、「特許権者は業として特許発明の実施をする権利を専有する」と規定されています。
>続きを読む

(2022.03.27)ビジネスに役立つ商標  公序良俗違反(著名な家門)

A社が商標「ハプスブルク」を出願したところ、審査官は「本願商標は『中部ヨーロッパを中心とする広大な地域に君臨した家門。ヨーロッパで最も由緒ある家柄の一つ』である『ハプスブルク家』を認識させる『ハプスブルク』の文字を標準文字で表してなるものであるから、このような商標を一法人が営利目的において使用することは、該家の権威と尊厳を損ねるおそれがあり、ひいては国際間の信義則を保つ観点から公序良俗に反するとして拒絶しました。
>続きを読む

(2022.03.17)知財Q&Aコーナー(49)

Q:開発の失敗成果について特許が取得できるでしょうか? A:これについては、開発目的を達成できないとして開発者が断念した手段(失敗例)を発明と認めることができるか否かという問題であると考えます。
>続きを読む

(2022.03.07)特許実務雑感52

令和元年意匠法改正で導入された建築物の意匠と内装の意匠について補足説明します。
>続きを読む

(2022.02.27)ビジネスに役立つ商標 商標の早期審査

商標の審査期間は約1年ですが、この審査期間を短縮するために、早期審査制度が導入されています。
>続きを読む

(2022.02.17)知財Q&Aコーナー(48)

Q:日本の特許権を取得しましたが、外国でも権利行使が可能でしょうか? A:国際私法上、法の適用範囲や効力範囲を定めるに当たっては、その適用を場所的な要素によって定め、その効力を制定された領域内に限定して認めることが原則とされています。
>続きを読む

(2022.01.07)特許実務雑感51

 今回は令和元年意匠法改正で変更された関連意匠の活用について説明します。関連意匠制度は、同一出願人による同一デ … 続きを読む 特許実務雑感51
>続きを読む

(2021.12.27)ビジネスに役立つ商標  ありふれた氏の登録可能性

 ありふれた氏又は名称を普通に用いられる方法で表示する標章は、識別性が無いものとして登録できません(商標法3条 … 続きを読む ビジネスに役立つ商標  ありふれた氏の登録可能性
>続きを読む

(2021.12.17)知財Q&Aコーナー(47)

Q:特許出願書類(明細書)に記載のある事項は全て権利範囲となるのでしょうか?
>続きを読む

(2021.12.07)特許実務雑感50

今回は、審査の過程で起こり得る引用発明の認定を誤る典型例について、(1)一部抽出型(2)上位概念抽出型(3)後知恵型(4)他の記載参酌型の4タイプを例示します。
>続きを読む

(2021.11.27)ビジネスに役立つ商標  識別性の無い商標の例

 商品の品質を表したものにすぎない商標は、識別性が無いとして拒絶されますが、このような商標の事例を紹介します。
>続きを読む

(2021.11.17)知財Q&Aコーナー(46)

Q:複数の公知技術を組み合わせた発明は、特許が受けられるでしょうか?
>続きを読む

(2021.11.07)特許実務雑感49

特許出願の審査の開始が出願審査請求であれば、審査の終了は何時であるかというと、それは特許査定又は拒絶査定である。
>続きを読む

(2021.10.27)ビジネスに役立つ商標  ルイヴィトン市松模様

ルイヴィトン社は日本で市松模様の商標登録(第0952582号)を所有しています。
>続きを読む

(2021.10.17)知財Q&Aコーナー(45)

Q:特許を出願しましたが、審査請求を行うタイミングはいつが良いでしょうか?
>続きを読む

(2021.10.07)特許実務雑感48

 特許出願はすべて原則として出願から1年6月経過後に出願内容が公開されます。
>続きを読む

(2021.09.27)ビジネスに役立つ商標  ホームズくんの類似判断

「ホームズくん」という文字商標をA社が出願したところ、特許庁では添付のような先登録の引用商標と類似であるため拒絶し、拒絶査定不服審判でも拒絶審決が出たため、知財高裁において類似か非類似かを争っていた審決取消訴訟の判決が出ました。
>続きを読む

(2021.09.17)知財Q&Aコーナー(44)

Q:「IPC」という特許用語があると聞きましたが、どのようなものでしょうか?
>続きを読む

(2021.09.07)特許実務雑感47

 特許出願をしたらすべて審査されるかというと、答えはノーです。即ち、権利化への意思表示した出願のみを審査する出願審査請求制度を採用しています。
>続きを読む

(2021.08.27)ビジネスに役立つ商標  指定商品第16類「新聞」とは

商標登録は、指定された商品又は役務(サービスのこと)に対して登録されます。例えば第16類の「新聞」を指定しますと、「新聞」という商品に対して登録された商標を独占し他人を排除することができます。
>続きを読む

(2021.08.17)知財Q&Aコーナー(43)

Q:「システムの発明」の特許性について、ポイントを教えて下さい。
>続きを読む

(2021.08.07)特許実務雑感46

国内優先権制度は、先の出願とより整備された後の出願で置き換える制度です。
>続きを読む

(2021.07.17)ビジネスに役立つ商標  商標法と鬼滅の刃

鬼滅の刃が人気を得てずいぶん経過します。週刊少年ジャンプで連載され、その後アニメ化、映画化され、コンビニの商品でも鬼滅の刃のコラボレート商品が販売されるようになっています。
>続きを読む

(2021.07.07)知財Q&Aコーナー(42)

Q:「ダブルパテント」という言葉を聞いたのですが、どのようなものでしょうか?
>続きを読む

(2021.06.27)特許実務雑感45

以前に特許出願から意匠登録出願への変更について説明しましたが、技術を保護する特許から物品の外観を保護する意匠に変えることに意味があるのか、と思われる方もおられるかと思います。
>続きを読む

(2021.06.17)ビジネスに役立つ商標  最近の中国商標の状況

中国が非常に大きな市場であるため、日本企業も中国において商品の販売を行うことが多いと思います。
>続きを読む

(2021.06.07)知財Q&Aコーナー(41)

Q:技術者の「カン」とか「コツ」といったものは特許になるのでしょうか?
>続きを読む

(2021.05.17)特許実務雑感44

特許法と実用新案法は共に技術的創作を保護する点で共通し何故併存するのか分からないという疑問をお持ちの方もいらっしゃると思われますので、今回は実用新案法の存在意義について説明します。
>続きを読む

(2021.05.07)ビジネスに役立つ商標  販促品(ノベルティグッズ)について

 自社の商品やサービスを宣伝・広告したりするために、販促品を配布することがしばしば見受けられます。
>続きを読む

(2021.04.27)知財Q&Aコーナー(40)

Q:発明が特許を受けたのですが、特許を受けた旨の表示(以下「特許表示」)を製品等に必ず付さなければならないのでしょうか?
>続きを読む

(2021.04.17)特許実務雑感43

意匠法改正の続きについて説明します。
>続きを読む

(2021.04.07)ビジネスに役立つ商標 商標における小分け販売

 ある小売業者が、大きな容器に入っている真正商品(もともと大きな容器に入った状態であって、偽物ではない商品)を販売しているが、小売業者が顧客の要望等により商品を小さな容器に小分けして販売することは認められるかどうか、という問題があります。
>続きを読む

(2021.03.27)知財Q&Aコーナー(39)

Q:「刊行物に記載された発明」は特許を受けられないと聞きましたが、この「刊行物」とはどのようなものを指すのでしょうか?
>続きを読む

(2021.03.17)特許実務雑感42

今回は令和2年4月1日付で法改正が行われた意匠法の概要について説明致します。
>続きを読む

(2021.03.07)ビジネスに役立つ商標 商標における並行輸入

海外ブランドなどについて、正規代理店を通さないで海外から輸入した並行輸入品というものが知られています。
>続きを読む

(2021.02.27)知財Q&Aコーナー(38)

Q:発明した技術に欠点があることがわかったのですが、それでも特許を取得することはできるでしょうか?
>続きを読む

(2021.02.17)特許実務雑感41

物の発明について、進歩性なしの拒絶理由を解消すべく複数回補正したが、最終的には拒絶査定がなされたというご経験をお持ちの方もいらっしゃると思います。
>続きを読む

(2021.02.07)ビジネスに役立つ商標 アマビエについて

 新型コロナウイルスを封じるための妖怪として「アマビエ」が脚光を浴びています。ネット上では2020年2月ごろよ … 続きを読む ビジネスに役立つ商標 アマビエについて
>続きを読む

(2021.01.27)知財Q&Aコーナー(37)

Q:外国へ特許出願を行う手続について、簡単に教えて下さい。
>続きを読む

トップへ戻る