特許業務法人綿貫国際特許・商標事務所

  • 職務発明規定
  • ライセンス契約
  • 共同開発・研究
  • 警告書
  • 新しいタイプの商標
  • デザインの保護
お気軽にお問い合わせください 無料相談

予約申し込み

お急ぎの方はお電話ください 026-228-5366

当事務所からのお知らせお知らせ一覧RSS

知財関連コラムコラム一覧RSS

2020年02月13日
知財Q&Aコーナー(25)
Q:技術開発の成果を会社のホームページ上で紹介したいのですが、特許取得の観点から注意すべき点を教えて下さい。A:特許を取得するためには、発明が「公知」になっていないことが要件であることはご存知の通りですが、従前は、審査の段階において、出願された発明がインターネットを通じ、ホームペ...続きを読む
2020年02月04日
ビジネスに役立つ商標 元号について
 新元号「令和」となりました。元号については、「出願商標が、元号として認識されるにすぎない場合は、商標法3条1項6号に該当する(需要者が何人かの業務に係る商品又は役務であることを 認識することができない商標)」として拒絶されます。 商標審査基準には、さらに次のような記載があります...続きを読む
2020年01月24日
特許実務雑感27
 出願審査請求を行うと、審査の結果がおおよそ11か月以内(早期審査請求を行うと1~2か月以内)に判明する。出願件数が減っていることもあるが、最近の審査は早くなったと実感します。日本国特許庁も審査の運用や質について欧米等他国特許庁と競い合っており、審査のイニシアチブを取りたいと考え...続きを読む
2020年01月15日
ビジネスに役立つ商標 最近のトピック(京都芸大)
 京都市立芸術大学と京都造形芸術大学との間で大学名をめぐって争いがあるようです。 発端は、京都造形芸術大学が、大学名称を「京都芸術大学」に変更することを公表したところ、京都市立芸術大学がこれに抗議したというものです。 各大学の商標出願を調べてみると、京都市立芸術大学は、2019年...続きを読む

トップへ戻る