弁理士法人・商標事務所

  • 職務発明規定
  • ライセンス契約
  • 共同開発・研究
  • 警告書
  • 新しいタイプの商標
  • デザインの保護
お気軽にお問い合わせください 無料相談

予約申し込み

お急ぎの方はお電話ください 026-228-5366

当事務所からのお知らせお知らせ一覧RSS

知財関連コラムコラム一覧RSS

2024年07月08日
ビジネスに役立つ商標  商標「コクウマ」の不使用取消
 登録商標を継続して3年以上日本国内において使用していないときには、何人もその商標登録を取り消す審判を請求することができます(いわゆる不使用取消審判)。 A社は商標「コクウマ」を登録し、B社に通常使用権を許諾してB社が「コクうま」として使用していました。この登録商標「コクウマ」に...続きを読む
2024年06月28日
知財Q&Aコーナー(72)
Q:特許権と商標権とが抵触する場合があるのでしょうか?A:先ず、権利の「抵触」とは、どのようなことを指すかについて説明します。簡単に言えば、同一の物を対象として、別々の者が、別々の権利を所有することによって、権利が重なり合っている状態を指します。 知的財産権において、よく紹介され...続きを読む
2024年06月18日
特許実務雑感74
 令和3年度の特許法改正の続きになります。(9)国際意匠・商標登録出願の登録査定謄本送達の見直し:郵便事情によらず国際登録簿への記録をもって登録査定謄本の送達とみなされます。背景には、国際郵便事情の遅滞により国際意匠登録出願、国際商標登録出願の日本国特許庁から海外の出願人に対する...続きを読む
2024年06月08日
ビジネスに役立つ商標  令和6年の商標法の改正(2)
 令和6年4月1日より施行される改正商標法のうち、商標法第4条第1項第11号に関する改正点を紹介します。今回説明する改正は、いわゆるコンセント制度(同意書制度)の導入についてです。コンセント制度については以前にもこのコラムにおいて紹介しましたが、ついに導入されることとなりました。...続きを読む

トップへ戻る