知財関連コラム

(2019.03.07)特許実務雑感18

進歩性欠如の拒絶理由解消を検討するうえで、実務上最も悩ましいのが、出願発明Xが構成要件A十Bから成る発明で、公知引用文献が同一技術分野の公知技術Aを開示する公知文献1と公知技術Bを開示する公知文献2との組み合わせで、解決すべき課題や作用効果も特に相違がなく、格別な阻害要因も見当たらないケースである。
>続きを読む

(2019.02.27)知財Q&Aコーナー(15)

Q:特許権に対抗するために、「先使用権」という権利があると聞きましたが、どのようなものでしょうか?
>続きを読む

(2019.02.12)特許実務雑感17

また、進歩性が肯定される要因として、有利な効果、阻害要因(例‥副引用発明が主引用発明に適用されると、主引用発明がその目的に反するものとなるような場合)等がある。
>続きを読む

(2019.02.01)ビジネスに役立つ商標 海外での商標登録の注意点

海外に商品を輸出する場合、輸出先の国であらかじめ商標登録をしておかないと、模倣品が出回ったり、あるいは他人が勝手に商標登録をしてしまってその商標を使用できなくなってしまうなどの問題が生じるおそれがあります。
>続きを読む

(2019.01.17)知財Q&Aコーナー(14)

Q:ビジネス関連発明に関する出願等を調べたいのですが、どのような分類に収録されているのでしょうか?
>続きを読む

(2019.01.11)特許実務雑感16

進歩性判断において、近年動機付の点で重視されているのが課題の共通性である。
>続きを読む

トップへ戻る