知財関連コラム

(2018.07.12)知財Q&Aコーナー(9)

Q:技術用語等のキーワードから他社の特許出願について検索を行いたいのですが、どうすればよいでしょうか?
>続きを読む

(2018.07.02)ビジネスに役立つ商標 家紋の商標登録その(1)

以前より、家紋も商標登録の対象となってきました。有名なところでは「六文銭」の家紋があります。家紋について商標登録出願された場合であっても、指定された商品・役務に対して同一又は類似の商標が存在しなければ登録になっていました。すなわち、使用したい商品・役務において誰も登録していなければ早い者勝ちで登録可能であったのです。ただし、菊花紋章、葵紋は登録不可でした。
>続きを読む

(2018.06.20)特許実務雑感10

発明者が職務発明について会社に特許を受ける権利を譲渡した場合、金銭等経済上の利益(相当の利益)を受ける権利を有する。所謂、対価請求権を有する。
>続きを読む

(2018.06.05)知財Q&Aコーナー(8)

Q:IT技術を利用したもの以外にはビジネス関連発明はないのですか?米国などでは認められていると聞いたのですが。
>続きを読む

(2018.05.25)特許実務雑感9

今回から、特許を取得するための様々な要件についてお話しする。特許を受ける権利は、いつ発生するかといえば、発明を完成したときである。即ち、何らかの技術的課題を解決する手段を考え出したときに発明は生まれる。
>続きを読む

(2018.05.15)知財Q&Aコーナー(7)

Q:ソフトウェアは著作権で保護されると聞いたことがあるのですが、特許権でも保護されるのですか?
>続きを読む

(2018.05.02)ビジネスに役立つ商標 中国での商標保護(2)

中国における商標制度について、注意しなくてはならないことがいくつかあります。まず、日本では何らかの拒絶理由がある場合には拒絶理由通知が特許庁から届き、意見書の提出機会が与えられますが、中国の商標実務では拒絶理由通知が無く、いきなり拒絶査定になります。
>続きを読む

(2018.04.22)特許実務雑感8

物の発明にはプログラムも含まれる。制御ソフトや表計算等ソフトなどの場合、装置記憶部にインストールされるだけでなく、記録媒体に記憶させて取引されたり、通信回線を利用してダウンロードして利用されたりする取引形態が増えたことによる。
>続きを読む

(2018.04.12)知財Q&Aコーナー(6)

Q:既に特許出願をしてしまったのですが、後から改良した発明を追加することができますか?
>続きを読む

(2018.04.02)ビジネスに役立つ商標 中国での商標保護

先日、2年ぶりに北京に出張しました。以前よりも地下鉄の路線が増えているようですし、シェアサイクルの普及には驚きました。発展のスピードが非常に速いことが実感されました。
>続きを読む

トップへ戻る