特許業務法人綿貫国際特許・商標事務所

  • 職務発明規定
  • ライセンス契約
  • 共同開発・研究
  • 警告書
  • 新しいタイプの商標
  • デザインの保護
お気軽にお問い合わせください 無料相談

予約申し込み

お急ぎの方はお電話ください 026-228-5366

当事務所からのお知らせお知らせ一覧RSS

知財関連コラムコラム一覧RSS

2019年08月05日
特許実務雑感21
 ロンドンとブリストルとの間はグレートウェスタン鉄道という高速鉄道を利用すると1時間40分くらいで移動できる。この車両は日立製作所製であることは現地でも知られている。ブリストルは、閑静な港町で、英国最初の蒸気船グレートブリテン号が展示されている。英国は、19世紀或いはそれ以前の古...続きを読む
2019年07月26日
ビジネスに役立つ商標 識別性について(1)
 商標の登録要件として識別性というものがあります。商標は自他商品を識別するための標識として作用するものであるため、識別標識として使えないような識別性が無い商標は登録しないということです。 識別性の無い商標として、1:「指定商品又は指定役務(サービス)の普通名称」が挙げられます。例...続きを読む
2019年07月17日
知財Q&Aコーナー(18)
Q:「物の発明」と「方法の発明」との違いについて教えて下さい。A:特許法上、「発明」は、(1)「物の発明」、(2)「方法の発明」、(3)「物を生産する方法の発明」の三つに分類されます。(ただし、特許法には、「物」や「方法」、あるいは「物を生産する方法」について、直接の定義規定があ...続きを読む
2019年07月05日
特許実務雑感20
 ここで実務の話を一旦休憩し、昨年(2018年)10月に欧州の特許事務所を訪問したときのエピソードをお話する。訪問国は、英国と独国である。最初に訪問したのは英国である。英国は、2019年3月末に予定されているブレクジットによりEUを離脱する予定でその後の法律関係がどうなるのか、非...続きを読む

トップへ戻る