特許業務法人綿貫国際特許・商標事務所

  • 職務発明規定
  • ライセンス契約
  • 共同開発・研究
  • 警告書
  • 新しいタイプの商標
  • デザインの保護
お気軽にお問い合わせください 無料相談

予約申し込み

お急ぎの方はお電話ください 026-228-5366

当事務所からのお知らせお知らせ一覧RSS

知財関連コラムコラム一覧RSS

2019年07月17日
知財Q&Aコーナー(18)
Q:「物の発明」と「方法の発明」との違いについて教えて下さい。A:特許法上、「発明」は、(1)「物の発明」、(2)「方法の発明」、(3)「物を生産する方法の発明」の三つに分類されます。(ただし、特許法には、「物」や「方法」、あるいは「物を生産する方法」について、直接の定義規定があ...続きを読む
2019年07月05日
特許実務雑感20
 ここで実務の話を一旦休憩し、昨年(2018年)10月に欧州の特許事務所を訪問したときのエピソードをお話する。訪問国は、英国と独国である。最初に訪問したのは英国である。英国は、2019年3月末に予定されているブレクジットによりEUを離脱する予定でその後の法律関係がどうなるのか、非...続きを読む
2019年06月27日
知財Q&Aコーナー(17)
Q:一旦、特許出願した内容を、後から修正することは可能でしょうか?A:出願書類(明細書)は、権利書となるものですから、当初から完全であることが望ましいとされています。しかし、先願主義(最も早く出願した者に権利を付与することをいいます)を採用する法の下では、出願を急ぐあまり内容に完...続きを読む
2019年05月21日
ビジネスに役立つ商標 ファストトラック審査
 近年、特許庁における商標の審査に時間がかかっております。平成28年ごろまでは出願から6か月程度で審査が終わることが多かったと思います。しかしながら近年は出願から審査が終わるまでにおよそ8か月程度かかっております。 以前より、特許庁としては早期審査制度の充実化が図られております。...続きを読む

トップへ戻る