特許業務法人綿貫国際特許・商標事務所

  • 職務発明規定
  • ライセンス契約
  • 共同開発・研究
  • 警告書
  • 新しいタイプの商標
  • デザインの保護
お気軽にお問い合わせください 無料相談

予約申し込み

お急ぎの方はお電話ください 026-228-5366

当事務所からのお知らせお知らせ一覧RSS

知財関連コラムコラム一覧RSS

2018年11月15日
特許実務雑感14
 出願発明が特許になるか否かは審査官の審査の結果判明するのであるが、この場合、権利客体として判断される項目は大きく3つである。1つ目は産業上利用できる発明であること、2つ目は新しい発明である(新規性を有する)こと、3つ目は公知発明から容易に発明できたものでない(進歩性を有する)こ...続きを読む
2018年11月02日
知財Q&Aコーナー(12)
Q:特許出願を行う際の「先行技術文献情報の開示制度」について教えて下さい。A:「先行技術文献情報の開示制度」とは、平成14年9月1日から施行された改正特許法において導入された制度です。制度の概略としては、特許出願を行う際に、特許を受けようとする発明に関連する出願・文献等の先行技術...続きを読む
2018年10月22日
ビジネスに役立つ商標 文化的所産の商標登録その1
 伝統的な価値を有する文化的な財産、例えば工芸品、遺跡、演劇、音楽など(これらを文化的所産等といいます)、が商標登録出願された場合にはどのように取り扱われるでしょうか。 そもそもこれら文化的所産等は、国家としても貴重な資産や資源であり、各地域においても観光資源として地域おこしなど...続きを読む
2018年10月09日
特許実務雑感13
 複数の会社が共同研究開発した発明について、契約に基づき共同出願することがある。自社の技術の強みと他社技術の強みを補完しあってより良い製品を生み出す、というようにアライアンスが行われることは好ましいことである。 しかしながら、A社とB社が共同で特許出願する場合、将来取得する特許権...続きを読む

トップへ戻る