特許業務法人綿貫国際特許・商標事務所

  • 職務発明規定
  • ライセンス契約
  • 共同開発・研究
  • 警告書
  • 新しいタイプの商標
  • デザインの保護
お気軽にお問い合わせください 無料相談

予約申し込み

お急ぎの方はお電話ください 026-228-5366

当事務所からのお知らせお知らせ一覧RSS

知財関連コラムコラム一覧RSS

2018年07月12日
知財Q&Aコーナー(9)
Q:技術用語等のキーワードから他社の特許出願について検索を行いたいのですが、どうすればよいでしょうか?A:J-PlatPat(特許情報プラットフォーム)という名称のインターネットサイトを使用することによって、特許をはじめとする知的財産の出願や権利の内容について検索を行うことができ...続きを読む
2018年07月02日
ビジネスに役立つ商標 家紋の商標登録その(1)
 以前より、家紋も商標登録の対象となってきました。有名なところでは「六文銭」の家紋があります。家紋について商標登録出願された場合であっても、指定された商品・役務に対して同一又は類似の商標が存在しなければ登録になっていました。すなわち、使用したい商品・役務において誰も登録していなけ...続きを読む
2018年06月20日
特許実務雑感10
 発明者が職務発明について会社に特許を受ける権利を譲渡した場合、金銭等経済上の利益(相当の利益)を受ける権利を有する。所謂、対価請求権を有する。この相当の利益の中身は、従来金銭によって支払われることが多いのであるが、昨年の法改正で会社ごとに独自に規定できるようになった。この改正法...続きを読む
2018年06月05日
知財Q&Aコーナー(8)
Q:IT技術を利用したもの以外にはビジネス関連発明はないのですか?米国などでは認められていると聞いたのですが。A:確かに、米国においては「発明」について明示的に技術的要件を求めていませんが、同時に、抽象的なアイデアは特許にならないとしています。したがって、ITその他の技術を利用せ...続きを読む

トップへ戻る