特許業務法人綿貫国際特許・商標事務所

  • 職務発明規定
  • ライセンス契約
  • 共同開発・研究
  • 警告書
  • 新しいタイプの商標
  • デザインの保護
お気軽にお問い合わせください 無料相談

予約申し込み

お急ぎの方はお電話ください 026-228-5366

当事務所からのお知らせお知らせ一覧RSS

知財関連コラムコラム一覧RSS

2017年10月12日
ビジネスに役立つ商標 商標とは何か(2)
 商標は使用すればするほど、有名になればなるほどその価値が増大します。例えば、コカ・コーラなどは、今更別の商標にして販売しようなどとは思わないでしょう。このように、すでに有名になった商標又は一定の認知度を得ている商標については、保護すべき財産的価値があると考えられるのです。 ある...続きを読む
2017年10月05日
特許実務雑感2
 ご存知の方もおられるかもしれないが、弁理士として日本国内で活動するには日本弁理士会への登録が必要であり、弁理士の活動を規律する法律として弁理士法が存在する。いずれの弁理士も弁理士会が規定する所定の研修を5年毎に70単位以上取得することが免許更新の条件となっている。厳しい更新条件...続きを読む
2017年09月28日
知財Q&Aコーナー(1)
Q:新しいビジネス方法を考えたのですが、特許権による保護を受けることはできるでしょうか?A:一時期、世間で話題となった「ビジネスモデル特許」と呼ばれる特許があります。その言葉のイメージから、新しいビジネス方法は全て特許権の対象となるかのような印象を受けます。実際に、「新しいビジネ...続きを読む
2017年09月21日
ビジネスに役立つ商標 商標とは何か(1)
 商標といいますと、何年かおきに必ず話題となるような事件があります。去年は、PPAPの商標についてニュースなどで話題になりました。このように、商標については何かしらニュースになり、人々の間で話題になることもありますが、では商標とはどういうものか、ということについてはあまり正確に理...続きを読む

トップへ戻る