・弁理士紹介

会長弁理士

会長弁理士
綿貫 隆夫
弁理士歴40年余り。知財全般のナビゲータ。
出願業務の両翼である研究開発から知財利用経営にまで関わる。
研究開発ではアイディアの取り扱いから、知財利用経営では利益につながる知財戦略まで。
公職では中野市長2期。長野県教育委員長歴任。ヒューマンネットを生かす。

所長弁理士

所長弁理士
岡村 隆志 /(機械・電子)
大学院(機械工学専攻)を修了後、企業において開発業務に従事。その後、知的財産部門に所属し、出願・中間処理の管理、企業とのライセンス契約、大学との研究契約、権利侵害対応、社内の知的財産相談窓口等の業務を担当。企業での経験を生かし、幅広い視点に立った知財戦略のアドバイスを行っている。2010年4月より所長。現在、信州大学工学部の非常勤講師(知的財産)。

副所長弁理士

傳田 正彦
傳田 正彦 /(電子・電気・ソフトウェア)・商標
電子情報工学科卒業後、電機メーカーに就職し、電子回路設計業務に携わる。現在は電気、機械、ソフトウェア関係の内外国出願手続および商標の内外国出願手続に従事。特許調査の経験も長い。現在、信州大学工学部の非常勤講師(知的財産)。日本商標協会会員。

相談役弁理士

相談役弁理士
堀米 和春
弁理士歴30年。特許、実用新案、意匠、商標に関する国内手続きはもとより、外国手続きに精通。国内における訴訟経験豊富。手堅い対応により企業における信頼大。相談役として後任の指導にあたり、実務に責任を持ち、所員の実務能力向上に常に配慮している。2004年、特定侵害訴訟代理業務登録を受ける。

特許担当弁理士

特許担当弁理士
平井 善博 /(機械・電子)
大学卒業後、都内特許事務所にて主に大手OA機器メーカーの明細書作成(プリンタ、複写機、FAX等)を担当した。現在、当事務所にて半導体関連技術、モータ関連技術を担当している。発明の的確な把握、迅速処理、親身なアドバイスを身上とし、特許、実用新案に関する内外国出願手続の経験豊富。
  • 職務発明規定
  • ライセンス契約
  • 共同開発・研究
  • 警告書
  • 新しいタイプの商標
  • デザインの保護
お気軽にお問い合わせください 無料相談

予約申し込み

お急ぎの方はお電話ください 026-228-5366

マイベストプロ信州

トップへ戻る